国民年金

会社を退職した場合は、次の仕事が決まるまでは国民年金に加入します。国民年金の未払いが話題になっていますが、国民年金に入っていると万が一の事故の場合などで障害者になった場合などは、障害者年金がもらえますので、入っていたほうが良いと思います。他にも、あまり知られていない保障があります。入っていない場合、支払い期間が足りなかったりすると、事故や病気で障害者になっても、保障が全くなくなります。

国民年金の手続き

再就職するまでは、国民年金に加入します。20歳以上60歳未満の扶養している配偶者や扶養家族も同時に手続きが必要になります。「年金手帳」と「退職した日が確認できる書類」をもって市区町村役場に行き手続きをします。自分以外でも20歳以上60歳未満の該当家族が居る場合は、全ての対象者の年金手帳が必要です。加入手続きは、会社が厚生年金切替えの手続きを終えた後、退職した次の月の月末までに行います。いつ以降市区町村役場に行けばよいかは、退職前に会社に確認しましょう。「退職した日が確認できる書類」については、私の場合離職票をすでにハローワークに提出してしまいましたので、困りました。色々探したところ、会社から送られてきた「退職金の源泉徴収票」に退職日が書いてありましたので、これをもっていきました。その他の証明できる資料としては、最後の給与明細に退職日が書いてあることがあるようです。国民健康保険の切り替えの資料でもよいとの事でした。
この手続きは、驚くほど簡単でした。「年金手帳」と「退職した日が確認できる書類」を提出すると、係りの人が書類をプリントアウトしてくれますので、その書類に署名するだけです。私の場合、待ち時間もなく数分で終了しました。

国民年金についてもっと知りたい

次のサイト等が参考になります。

DODA 求人は4,000社20,000件以上。大手・優良企業を含。
転職・就職

スポンサード リンク

PR amazon

author

サイト管理人:パワーデジット
管理人への連絡フォーム

このページは 

トップページ > 国民年金の手続き :国民年金