デジットさんの生活便利サイトトップへ デジットさんのhtml拡張子でPHPを実行 (.htaccessを利用)

トップページ > ホームページ作成 > html拡張子でPHPを実行

PHPを利用したホームページの作成方法です。「html拡張子PHPを実行」では、拡張子が「.php」ではなく「.html」でPHPスクリプトを実行させる方法をお教えします。「.htaccess」を利用します。

「.html」でPHPを実行させたい理由

PHPPHP : Hypertext Preprocessor)スクリプトを実行させるためには、通常拡張子が「.php」のHTLMファイルを作ります。サーバーは、ブラウザから「.php」拡張子のファイルを要求された場合、ファイルの中のPHPスクリプトを解析し実行する仕組みだからです。
ホームページを作り始める前にPHPを知っていれば、最初から、拡張子を「.php」としてHTLMを作っていけばよいのですが、私のように後からこのような技術を知った場合、今まで作った拡張子を代えるのにはかなり抵抗があります。各ページに書いたリンクを全て修正する必要が出てきますし、他のブログやホームページからリンクされたURLが無効になってしまいます。
もし、「.html」のままPHPスクリプトを実行できれば、今まで作ったファイルの中にPHPを埋め込んでも、ファイルの拡張子(URL)を変更する必要が無く便利です。いままで作ってしまったページにも、後から手軽にPHPスクリプトを追加できます。また、全てのファイルを「.html」で統一できますので、管理上混乱をせずに非常に簡単です。

「.htaccess」を利用

Apacheを利用しているWEBサーバーで、「.htaccess」使用の許可があれば、この方法が利用できます。「.htaccess」は、サーバーの設定を変更できるファイルという風に考えればよいと思います。Apacheを使用していない場合は、この方法は使えません。他にも方法がありそうですがまだ勉強不足で紹介できませんので、このページでは「.htaccess」が使える方のみ、参考にしてください。
設定は、非常に簡単で「.htaccess」ファイルに、次のコードを記載してサーバーにアップロードするだけです。(.htaccessにおけるコメントの書き方は、perlと同じく「#」を使います。)「.htaccess」というファイル名は、Windowsでは作成できませんので、「htaccess.txt」などというファイル名で作成し、アップロード後に変更すればOKです。

# 全てのPHPコードをHTMLのように作成する
AddType application/x-httpd-php .htm .html

これで、拡張子が「.html」と「.htm」のファイルの中に書かれたPHPスクリプトが実行されるようになります。
私の使っているロリポップ! では、作成した「.htaccess」ファイルを設定したいフォルダにFTPでアップロードし、アップロード後、パーミッションを604に設定する必要がありました。また、「.htaccess」の設置されたディレクトリ、およびそのディレクトリ以下全てのディレクトリに対して、この設定が適用されます。例えば、 『 /hoge 』 『 /hoge/moge 』 『 /abc 』 『 /defg 』 という4つのディレクトリが有ったとして、.htaccessを 『 /hoge 』 に置いた場合、 設定が適用されるのは 『 /hoge 』 『 /hoge/moge 』 の2つのディレクトリになります。

「.html」でPHPを実行するサンプル

拡張子が「.html」で、PHPを実行するサンプルを作りました。ファイルをインクルードのページで紹介した「include.php」と内容はほぼ同じです。「include.php」の代わりに「include_php.html」本体とリンクリストを書いた「link_list.txt」・アドレスを書いた「address.txt」の3つのファイルから構成されています。 本体の「include_php.html」のソースは、次の通りです。

<html>
<head>
<title>PHPのincludeテスト(htmlファイルで実行)</title>
</head>

<body>
<h1>リンクリストとフッターをインクルードする(htmlファイルで実行)</h1>

<?php include("../sample/link_list.txt"); ?>

<p>
上のリンクリストと下のフッターは、PHPの<strong>include関数</strong>を使って、インクルードしました。このファイルは、「.html」ですが、「.htaccess」ファイルにPHPファイルと認識するよう設定した事で、PHP機能が実行されています。
</p>

<?php include("../sample/address.txt"); ?>

</body>
</html>

PHPのincludeテスト(htmlファイルで実行)をクリックして、ブラウザで表示して確認してください。拡張子が「.html」でも、ちゃんとPHPが実行されています。

ホームページを公開するレンタルサーバーは、 ロリポップ! がお薦め、 PHP5を使うならPHP5から選ぼう。

関連ページ

ホームページ作成

PHP5を使う

アフィリエイトをする

PHPの使い方

デジットさんのホームページ入門に移行中

スポンサード リンク

Amazon.co.jpアソシエイト:
PHP&プログラミング

売れている順 新刊順

:%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%20php :php2_  :5

とことん!ホームページホームページ入門役立つサイトデジットさんのリストラ日記仮福真琴の精神科医はうそだらけ

2005-2010 Copyright © Digit-01 All Rights Reserved.