JavaScript を外部ファイルに記述

外部ジャバスクリプトを使って JavaScript を設定すと、複数のページで共用できます。また、外部ジャバスクリプトを使っている HTML なら、HTLM のソースを修正せずに JavaScript の変更が一度にできます。 「ext_js.js」という外部ファイルを読み込む場合は、次のように記述します。記述する場所は、HTLM のどこでもかまいません。<head>~</head> 内 でなくとも、かまいません。スタイルシートと同じように複数呼んでも大丈夫ですので、「ext_js2.js」という外部ファイルも同時に呼びたい場合は、次のように複数行記述します。

<script type="text/javascript" src="ext_js.js"></script>
<script type="text/javascript" src="ext_js2.js"></script>

JavaScript 外部ファイルの例

具体的に、外部ジャバスクリプトを使用する例を示します。

次のボタンをクリックすると、外部ファイルから読み込まれた JavaScript を実行します。

このサンプルの、ソースコードは次の通りです。

JavaScript 外部ファイルのソースコード

//アラートサンプル
function smp_alert(){
    alert("アラートのテスト");
}

HTLM のソースコード

<!-- JavaScript 外部ファイル読み込みサンプル -->
<script type="text/javascript" src="../sample_dig/smp_js/alert.js"></script>
<p>
次のボタンをクリックすると、外部ファイルから読み込まれた JavaScript を実行します。<br>
<input type="button" value="アラートテスト" onClick="smp_alert()">
</p>

PR amazon

author

サイト管理人:パワーデジット
管理人への連絡フォーム

ロリポップ! レンタルサーバーは、高機能なのに236円/月~
月額125円からの「さくらのレンタルサーバ
レンタルサーバー

スポンサード リンク

このページは 

トップページ > JavaScript > JS 外部ファイル