JavaScript の記述方法

JavaScript ジャバスクリプトは、HTLM に動きを与えるスクリプトです。スクリプトとは、簡易プログラムのことです。HTLM と組み合わせて、使用します。JavaScript は、HTLM に埋め込む方法と、外部ファイルにして、HTLM に読み込む方法があります。
JavaScript を外部ファイルにして読み込む方法は、別のページで説明します。

JavaScript の記述方法

JavaScript を HTLM に埋め込むときは、次のように < script > タグを使用し、次のように記載します。

<script type="text/javascript">
<!-- 
    ここに、JavaScript を記載する
//-->
</script>

HTLM への記載場所は、<head> の中でも <body> でも、どこでもかまいません。また、複数の JavaScript 記載することが出来ます。
HTLM のタグでは、大文字小文字の区別はありませんが、JavaScript では、大文字小文字は区別されます。間違えると、スクリプトが動作しないことがありますので、大文字小文字の記載には、注意しましょう。
<!-- ~ //--> は、JavaScript に未対応の Web ブラウザで、JavaScript の記載部分が表示されないようにするための、コメントアウトです。

JavaScript のコメント

JavaScript でのコメントの記載方法は、2種類あります。
「//」は、「//」から、改行までをコメントアウトします。
「<!--」と「-->」の間に記述されたものも、コメントアウトされます。この記載は、複数行にわった場合も、使用できます。この中には、「//」のコメントが入っても大丈夫ですが、入れ子は出来ません。
コメントアウトされた記述は、スクリプトの実行はされませんので、コメントは、デバッグ時に利用できます。

デフォルト スクリプトの設定法

デフォルトスクリプトを JavaScript にする場合、次のように宣言します。<head>~</head> 内で、JavaScript が記載される前に配置します。この宣言がなくとも、Web ブラウザが自動的に判断することが多いようですが、書いておいた方が無難なようです。

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

JavaScript のデバッグ

JavaScript は、一箇所でもエラーが発生すると、正しく記載されているスクリプトの部分も動作しなくなります。従って、JavaScript は、少しずつ記載し、正常に動くことを確認しながら、記述を増やしていくことをお勧めします。一気に、JavaScript を書いた場合、どこにバグがあるか解りづらくなります。
JavaScript は、インターネットエクスプローラ IE でも、エラーの確認できますが、とても貧弱です。Firefox という Web ブラウザにアドオンする Firebug - Web Development Evolvedは、Web ページの CSS、HTML、JavaScript をリアルタイムに編集、デバッグ、モニタすることができます。Firefox は、IE についで、多くの方が使っている Web ブラウザですので、ぜひ利用することをお勧めします。Firebug は、Firefox をインストールしてから、アドオンします。

PR amazon

author

サイト管理人:パワーデジット
管理人への連絡フォーム

ロリポップ! レンタルサーバーは、高機能なのに236円/月~
月額125円からの「さくらのレンタルサーバ
レンタルサーバー

スポンサード リンク

このページは 

トップページ > JavaScript > JS 基本