HTML の構造

HTML は、文章の理論構造を示すものです。従って、HTLM 文書は、木構造(ツリー構造)になっています。<html>~</html> <head>~</head> <body>~</body> で、構成されます。<html>~</html> は、HTML 文書の宣言ですので、文書全体の最初と最後に書きます。例外は、<!DOCTYPE> ドキュメントタイプ DTD です。これだけは、<html> タグより先に書きます。 DTD がなくても、Web ブラウザには表示されますが、正規な書式に則るためには、宣言することが必要になります。
<head> は、文書のタイトルなど文書の情報を記載し、<body> 部分が、実際に Web ブラウザに表示される文書部分になります。

 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<title>タイトルを記述</title>
</head>
<body> 
 Web ブラウザに実際に表示される文書の内容を記述
</body>
</html>

HTLM 文書の情報

HTLM 文書の情報は、<head>~</head> 内に記述します。<title> は、必須項目ですので、必ず記載する必要があります。この記載内容が、Web ブラウザのタイトルバーに表示されます。
その他、以下の記載を覚えておけばよいでしょう。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

使用している文字コードの指定です。通常は、Web ブラウザが、自動的に判定してくれますが、記載しておいた方が、無難です。よく利用されるキャラクターコードは、、「Shift_JIS」「EUC-JP」「UTF-8」の3つです。content="" の中の、charset= に記載します。

<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">
<meta name="description" content="このページの要約">

name="keywords" の content="" は、カンマで区切って、このページのキーワードを記載します。また、name="description" の content="" には、このページの要約を記載します。どちらも、検索エンジンが参照する場合があるようですので、記載しておいた方が無難でしょう。
デフォルトの CSS や JavaScript の宣言もここに記載しますが、記載方法は、CSS や JavaScript のページで確認してください。

Web ブラウザに表示される内容

Web ブラウザに表示される内容は、<body>~</body> 内に記述します。当然、HTLM の書式に従って、正しく記載されなければなりません。
最低限覚えたい HTLM は、HTLM の書式のページをご覧ください。

PR amazon

author

サイト管理人:パワーデジット
管理人への連絡フォーム

ロリポップ! レンタルサーバーは、高機能なのに236円/月~
月額125円からの「さくらのレンタルサーバ
レンタルサーバー

スポンサード リンク

このページは 

トップページ > HTML > HTML の構造